カーペットのダニを繁殖させない方法

布団やカーペットなど部屋中のありとあらゆる場所でダニは繁殖します。家庭の中のくつろぎやすい場所にダニは潜んでいて、アレルギー反応を起こさせたり喘息の原因になったりします。特にカーペットは掃除機をかけていてもダニまで除去できているかどうか不安だと感じる人も多いです。基本的な対策は掃除機と洗濯です。掃除機は毎日行い、他の場所よりも入念に時間帯をかけてゴミやダニを吸引してください。流すようにかけるのではなく、一箇所一箇所をしっかりと止めながら吸うことによって、奥に潜んでいるダニも吸いやすくなります。また、裏側や叩いてゴミやダニを落としてから下の床も掃除機をかけるとより効果的です。その際は部屋の窓を開けて換気しながら行ってください。そして、水洗いできるものであれば定期的に洗濯をすることも対策として大切です。それからしっかりと天日干しで乾かすことでダニの除去に役立ちます。

カーペットのシミ抜き方法

家族が一番リラックスするような場所にカーペットは敷かれているので、例えば飲み物や食べ物をこぼしてしまったりと気をつけていてもどうしても汚れがついてしまうこともあります。軽く拭き取るだけでは落としきれていない汚れが残ったままになっている可能性もあります。しかし時間が経っていたとしても醤油やコーヒーなどの水溶性の汚れであれば落ちやすいです。方法は水で濡らして絞ったタオルで汚れの中心から外に向けて叩くようにして汚れを拭いていきます。それでもダメであれば中性洗剤を布につけて同じように軽くたたきます。汚れが少しずつでも落ちてきたら今度は固く絞ったタオルで洗剤を拭き取るようにしてください。汚れの範囲にもよりますが、あまりにも大きな汚れでなければ自然乾燥で大丈夫なので簡単に行える方法なので誰でも気軽にできます。

寝てしまったカーペットの毛を起こす方法

長年カーペットを使用していて、寝てしまった毛を起こすのは無理だと諦めている人も多くいますが、毛を起こす方法として有効な方法があり、それはスチームをあてるということです。スチームクリーナーがない場合はふつうのアイロンの蒸気でも十分なので、ウールのカーペットであれば寝ていた毛を起こすことができます。また、家具などを置いた重みでへこんでしまった部分もこの方法で復活します。素材でいえばアクリルのものでもある程度毛は起きてきますが、高温で溶けてしまう可能性もあるので、スチームを近距離であてすぎないように注意が必要です。直接あてないようにして、少し離して蒸気をあてて、様子を見ながら一番良い位置を見つけるようにしてください。毛が起きてきたら、コームでさらに毛を起こします。この時、梳いてみて色が濃くなる方向にブラシをかけると自然な仕上がりになります。

ネット通販最大級の品揃えを誇る当店ならば、対象エリアを問わず、ご家庭に合ったカーペットの購入が可能です。 当社の強みは、日本最大級の品揃えで、激安・消臭・防音・撥水・輸入品など3000点以上を揃えております。 低価格なお値打ち品、激安カーペットからちょっと豪華な輸入品まで、当社ならあなたのお気に入りの一品が必ず見つかります。 ネット通販利用者は年々増加中!すめざせ月1万件! カーペットのお手入れ方法はこちら